この冬の期間限定 せこがに解禁

せこがに、せいこがに、こっぺがにと地域によって呼び方は異なるが、山陰地方の日本海では水揚げされた”松葉ガニのメス”を地域独自の呼び方で「セコガニ」と呼びます。
大きさはオスの松葉ガニに比べると小さいですが、カニ味噌たっぷりで、蟹好きも唸らせるオスにはない「内子」「外子」! これがセコガニの特権です。

カニ味噌、外子、内子

カニ味噌、外子、内子

内子

セコガニは2段に卵を持っています。外側の黒っぽい卵の部分を「外子」、中の鮮やかな色の卵巣部分を「内子」といいます。内子は成熟していない卵で、ねっとりしていて味が濃く、歯ごたえはしっかりしています。カニの甲羅の中でかにみそとあえていただくか、味噌汁、炊き込みご飯などでいただきます。

外子

セコガニを見たとき、外から見える卵が外子です。外子はぷちぷちした歯ざわりが特徴で、ほんの少しお醤油を垂らして、ご飯と一緒にいただくとご飯が進みますし、お酒とも相性の良い味です。

本当に美味しいのは、オスの松葉ガニにはない内子と外子、カニ味噌!

カニ味噌、外子、内子

普通の魚屋やスーパーではいくつもの中卸業者を介してお店に並べられるため、”足の早いセコガニ”は特に鮮度は落ちていきます。鮮度が落ちて身が細くなってしまうだけでなく、中卸業者を挟む事で金額も高くなってしまいます。境港直販の大漁市場なかうらでは、新鮮なせこがにを一番良いタイミングでお召し上がりいただけます。

せこがにの写真
購入する