お買い物

かにへのこだわり 「至福のひとときをあなたにお届けします」日本で水揚げされる「ズワイガニ」のことを北陸地方では「越前がに」丹後では「間人がに」といい、山陰地方では「松葉がに」と呼びます。

山陰といえば松葉がに!

松葉がにとは主に山陰沖で獲れる雄のズワイガニのことで、北陸で採れる雄のズワイガニは越前がにと呼びます。ちなみにメスはセコガニ・親がに・セイコガニ・コウバコガニなどと呼ばれています。
同じズワイガニでも、ロシアや北海道など北の海で獲れるズワイガニとは 違い、松葉がに、越前がには希少品で、各漁港のタグをつけたりしてブランド価値のあるズワイガニとして知られています。

特大サイズで見入りの良い"極上品"といわれるまで松葉がにが成長するには、10年の歳月がかかると言われます。

また資源確保のため、漁期を限定していること(11月~3月末)と、冬季のため、時化(シケ)も多く水揚げがとても少なくなったりします。

境漁港は山陰、北陸の漁港の中でも松葉がにの水揚げは一番多い漁港です。山陰沖でも特に境漁港から近い隠岐の島周辺が好漁場であるのと、鳥取に所属する底引き網漁の水揚げと島根に所属するかにかご漁の船の水揚げもあるからです。

弓ケ浜
境港漁港
なかうらの店員

この境港で水揚げされた松葉ガニが最高に美味しいと評価される理由は、 淡白な中にも深い味わいがあり甘く上品で、ギュッと口にほおばると心地よい弾力性がある食感があり、上質な味を楽しんでいただけます。

極上の素材を厳選し、徹底管理された「松葉がに」を心をこめてお届けします。

大漁市場では、活きたままの松葉がにを低温の水槽で管理し、茹でがには自社工場でベテランが選別を繰り返しながら丁寧に茹で上げた厳選したかにを出荷いたします。

松葉がに

商品一覧

42件の商品がございます。